可塑状グラウト協会

可塑状グラウトの最先端技術のパイオニア 社会資本の築造・補強・補修で技術大国・日本に貢献します

可塑状グラウト協会

TG-NAP工法(可塑状グラウト空洞充填工法)

可塑状グラウト空洞充填工法「TG‐NAP工法」は、特殊安定剤、特殊粘着剤を混和したセメントスラリーのA液と、アルミニウム塩を主成分とする特殊可塑剤を溶解したB液の二液を別々に注入箇所まで圧送し、ミキシングユニットを介して混合することで瞬時に可塑状グラウトを生成し空洞に注入充填する工法です。
新開発の無機系特殊安定剤は、セメントの水和反応抑制(凝結遅延)および材料分離抑制の優れた特性を持っており、A液に混和することで長い使用可能時間(24時間)の確保、ブリージングの低減を実現し、1,000m以上の圧送も可能です。  また、可使時間の確保により、一時的な作業休止であれば圧送管内に残置したグラウト材を再度圧送することが可能で、圧送管洗浄回数の削減や産業廃棄物の減量も期待できる、構造物のリニューアル、補修・補強に適した工法です。

 

特長

❶可塑性状なので、限定注入が可能で充填性に優れています。

❷水があっても希釈されず、均一な固結強度が得られます。

❸特殊無機系安定剤の混和で24時間の長い可使時間を確保できます。

❹圧送管などの水洗い削減で、注入時間の確保、排出液の減量を実現できます。

❺ブリージング(材料分離)の低減により長距離圧送が可能です。

❻固結後は清水中、海水中でも長期に安定しています。

 

TG-NAP工法 水中打設
 

適用

❶道路、鉄道、農業、電力などの各種トンネルの背面空洞

❷河川構造物、港湾構造物などの水と接する背面空洞

❸限定注入が要求去れる施工箇所

❹長距離圧送が必要な施工箇所

 

 TG-NAP工法における無機系安定剤と特殊アルミニウム塩の作用理論            【特許取得済】

◆ A液に使用する無機系安定剤は次の3つの作用効果を発揮します。
 〈1〉セメント水和反応抑制 〈2〉ブリージング低減 〈3〉脱水圧密(体積収縮)低減
◆ B液に使用する特殊アルミニウム塩は次の3つの作用効果を発揮します。
 〈1〉可塑剤 〈2〉水和開始剤 〈3〉強度発現剤
 特殊アルミニウム塩溶液は硬化成分を含まないため、圧送には問題はありません。
◆ A液+B液(可塑状固結)

 セメントに無機系安定剤を加えて、水和反応を抑制したA液にB液の特殊アルミニウム塩溶液を合流混合すると、瞬時に可塑状を生成します。また同時に抑制されたセメント水和反応を開始させる効果と、併せて強度発現の作用(立ち上がり強度)を発揮します。